> > メルセデスベンツ C250 ガラスウロコ除去&撥水コーティング

メルセデスベンツ C250 ガラスウロコ除去&撥水コーティング

 

 

 

 本日ご紹介するのは、メルセデスベンツC250のガラス面ウロコ除去&撥水コーティングです。オーナー様は、岡崎市のK様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガラス面の撥水コーティングは、当店の人気メニューです。市販の撥水剤とは違い撥水性も耐久性も納得して頂けると思います。その高性能な撥水剤もガラスに油膜やウロコが付いていると吸着が悪く性能が発揮されないばかりか耐久性まで落ちてしまいます。新車の場合を除きウロコ除去作業をしてから撥水コーティングをすることをオススメしております。

 

 今回K様のお車もウロコ除去をしてからの撥水コーティングをさせて頂いたので雨が降ったら満足されていると思います。ウロコの除去をすると油膜も取れますので夜間のギラギラも解消され視界がすっきりしますのでウロコ除去だけ依頼されるお客様もいらっしゃいます。 ガラス面のウロコは、年月と共に酷くなりなかなか取れなくなります。市販のウロコ取りでもまったく歯が立たない状態になってしまうことも普通に起こります。そんな時は、当店にご相談下さい。想定外に酷いウロコでない限り除去出来ると思いますので。 状態が酷い場合は、ご依頼される前にご相談下さい。現車を確認させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのK様、この度は、当店をご利用下さいまして誠にありがとうございました。撥水の効果は、体感して頂けましたか? 次回は、ボディコーティングのご依頼もお待ちしております。 今後もどうぞ宜しくお願い致します。