ホーム > STAFF BLOG > 2016年8月 > ベル 505 ジェットレンジャーX

ベル 505 ジェットレンジャーX

 こんにちは、お盆休みも終わり今日から営業しております。 休み明けは、体が重い・・・・。 なのでこのスタッフブログも仕事とは、関係ないちょっと変わった話題で行きます。

 

 クルマが好きな人は、航空機も好きと言う完全に個人的な私見で行きます。 

 

 

 この機体を見て何か分かった人は、相当なヘリコプターマニアですよ〜 これは、ベル206ジェットレンジャーと言うヘリコプターの後継機でベル505ジェットレンジャーXと言う新型の機体です。 実は、この機体。モックアップなんです。。。 モックアップ?とは、簡単に言うと実物大の模型です。だから当然飛べません。エンジンが付いていないんです。モックアップだからと言っても地上に置いてあればどう見ても本物としか見えません。 これは、ベル社が日本での販売の為に持ち込んだもので宣伝用とのことです。

 

 

 

 まだ実機は、発売されていませんのでこのモックアップも生で見れるのは、とても珍しいことです。なぜ私が見れたかと言うとある筋からお誘いを頂いて特別に見せて頂くことが出来ました。コックピットにも座らせてもらったりペダルを踏んだりサイクリックを動かしたりコレクティブを動かしたりといろいろ触らせて頂きました。

 

 

 さすが最新の機体だけあって計器は、デジタルでした。この計器類は、本物だそうです。モニターの画面は、デモ表示でしたがとても見やすそうでカッコ良かったです。 デジタル計器は、トラブルが起きたら全部見えなくなるんじゃないの?って思われてる方もいると思いますがトラブル時のバックアップが出来るようになっていて左右のモニターが独立して必要な情報をモニター出来るようになっているので実際には、4つのモニターが使えることになります。確率の問題ですがバックアップが次々と壊れても4回も壊れることは、起きないだろうと言うことのようです。 私の個人的な意見としては、アナログの計器のが好きですね〜 見た目だけの話ですけどね。

 

 

 

 

 

 この505ジェットレンジャーXは、1億5000万円〜だそうです。高いですけど2億を切ればお買い得なんでしょうね〜見た目は、206ジェットレンジャーのが人気がありそうですけどね。505の実機には、ワイヤーカッターが付くのか付かないのか・・・・ その辺りがマニアには、気になるところですね。 

 

 

 

 

 最後の画像は、MD600Nです。テールローターが無いノーター機ですね。これも大好きなヘリコプターの一つです。ノーター機は、とても静かでハワイの州警察では、山で麻薬の製造をしている捜査をする為に音の静かなノーター機を使用していました。しかも10年以上も前から。さすがアメリカンって感じですね。 

 

 今回、こんな貴重な体験をさせてもらえて楽しかったです。友人とセコインターナショナルのAさんありがとうございました。今度は、MD600操縦させて下さいね〜!! って即答で無理で〜すって言われそうですが。。。

 

 

 アクティブ岡崎には、こんな航空機マニアもおりますのでクルマのお話でも航空機のお話でも楽しく話しましょう〜〜〜 コーヒーを飲みながらクルマや飛行機、ヘリコプターの話が出来れば良いと思っておりますので是非遊びにいらして下さい。お気軽に。。。