2016年3月

rss

件数:10

 

 本日は、名古屋市からお越しのO様のアウディR8にデイライトコーディングを施工させて頂きました。

 

このR8は、他店でデイライトコーディグをされたようですがテールランプも点灯してしまうと言うことで当店にお越しになられました。

 

問題なくフロントだけ点灯させることが出来きO様も大変お喜びいただけて私も嬉しかったです。

 

 

 このR8は、キャリパーを蛍光色に塗装されていてホイールもマッドブラックにしてありました。マフラーも交換してありとても良い音がしてました。 また是非遊びにいらして下さい。

 

 

 

 アウディのコーディングに関するお問合せ、施工依頼は、お気軽にお電話、メールにてご連絡頂ければと思います。

 

コーディングのついでにガラス撥水コーティングもやっといて〜と言ったご依頼もOKですので!

 本日は、セキュリティのインストールとドライブレコーダーの取付についてご紹介致します。

 

 愛知県内よりお越しのH様のご依頼で新型ハリアーハイブリッドにセキュリティとセキュリティに連動させて作動するドライブレコーダーの取付を行ないました。

 

 ハリアーハイブリッドカッコいいですね〜 エアロもシブく決まってますしなんと言っても新車ですからね。 ボクなんて遠く遥か昔、23歳の時に5年ローンで新車を買ったのが最初で最後です。 今では、お古ばかりです。。。

 

 

 最近の傾向ですがセキュリティとドライブレコーダーを連動させることが増えてきました。セキュリティの取付依頼は、ほとんどが新車購入で納車直後と言う場合が多いです。 なのでお客様は、セキュリティと連動させてドライブレコーダーが使えるならついでに付けて欲しいと言う流れになるのだと思います。 これは、お客様にとっても取付ける側としてもお互いが助かることなのでオススメしたいですね。

 

 

 春は、新車を買う方が増えるのでしょうか? セキュリティ取付のお問合せ&依頼が多い気がしますね。大事なお車をイタズラや盗難から守るのは、ご自身で気を付けるしかありませんのでセキュリティの取付をオススメ致します。 

 

 アクティブ岡崎では、セキュリティに関するお問合せやお見積もり承っておりますのでお気軽にお電話、メール、ご来店頂ければと思います。

 

 先日ここでご紹介したのですがシボレーコルベットの日本限定10台をWEB予約受付で当選すれば購入出来るかもとお伝えしました。

 

 私は、ボディーカラーが赤のコルベットに応募したんです。 3/3〜3/13までの10日間の応募期間で購入権当選者には、3/16に連絡があると聞いていたので昨日連絡が無かったので落選。。。 当たり前ですが。 当たったところで買えませんし。  でも赤のコルベットZ06カッコ良かったな〜 

 

 

 

 そして今日3/17、赤のコルベットの購入権がハズレたことなど何も無かったことのように忘れていたら見慣れない番号からの着信がありました。 お客さんからの電話かと思い出てみると「GMジャパン」からの電話で赤のコルベットは、他の方に決まってしまったのですがグレーのZ51と言うコルベットにキャンセルが出たので購入権があなたに移りました的な電話でした。 Z51と言うグレードは、本来欲しかったZ06よりも下のグレードでこれは、限定3台だったようでキャンセルが出たようです。 

 

 もしも赤のZ06の購入権が当選していたとしても1500万円もするのでとても買えませんのでキャンセルすることになりますが・・・。それでもグレーのZ51の購入権が自分に回って来たことがなんか嬉しかったんですけどね。 限定10台のうちの1台が自分が購入出来る権利が回って来たんですからね。 まあ、買えない現実を目の当たりにすると凹みますけど。 かなり凹むな〜

 

 今日は、こんなことがありました。 話のネタには、なったかな。。。

 

 

カーセキュリティのGrgoを取付けさせて頂きました。

 

 ランクルプラドのK様ありがとうございました。新車のプラドにお乗換えでセキュリティ取付をご依頼頂きましたがK様は、以前乗って居たプラドもアクティブ岡崎でカーセキュリティを取付けさせて頂いているお得意様です。 前回のプラドを新車で購入され今回車検でお乗換えでまたも新車のプラドを購入されたと言う本当に羨ましい限りです。

 

 カーセキュリティの特性上、詳しく書くことは、出来ませんがバッチリ仕上がっておりますので安心してご使用下さい。

 今回は、セキュリティ取付とガラス面の撥水コーティングもご依頼を頂きましたのでそちらも施工させて頂きました。アクティブ岡崎のガラス面撥水コート(XG-COAT)は、市販のレ〇ンXやガ〇コなどよりも明らかに撥水性も耐久性も優れておりますので私のオススメでもあります。

 

 このXG-COATは、ガラスにウロコ状のウォータースポットを除去してからコーティングすると効果は、絶大です。今回のプラドは、新車ですのでそのままコーティングしましたが雨降りの夜がギラギラして見にくいと言う方は、ウロコを除去してXG-COATをされることをオススメ致します。一度やったら市販品は、使えなくなるほどの撥水性です。効果も半年以上持ちますので是非ご利用下さい。

 アルティマLED Rシリーズ レポートの第三弾です。

 

 

 車両は、おなじみ日産パオ。 今回は、雨が降ってる状況でのレポートです。

 

 

 この日は、本降りの雨で運転が疲れてしまうぐらいの降り方でした。

 

 

 画像は、アルティマLEDのRシリーズを装着して照らしたものです。 ロービーム、ハイビームに切り替えたものになります。

 

 

 

 ワイパーを作動させてすぐに撮影しても雨粒がフロントガラスについてしまうほどの雨でしたが明るく照らしていますね。

 

 

 ハロゲンバルブだと雨降りには、どうしてもぼやけた感じになるので暗く感じてしまいますが6000ケルビンのアルティマLED Rシリーズは、しっかり照らしてます。 

 

 

 アルティマLEDの性能は、データ通りの結果が得られるのでこのように天候が悪くても画像をお見せすることが出来ますがよくありがちなパッケージのデータと実際のデータが違う場合は、ヤバいですよね。  

 

 

 メーカーや販売店のPRデータと製品本体のデータが同じであれば問題ありませんが・・・・。同じで無ければ問題ですが実際市場に出回っているものは、・・・・。

 

 

 アルティマLEDを自信を持ってオススメするのは、ここの部分がしっかりしているからなのです。自社で測定器を所有しデータ取りをしてデータ通りに正しく表示していることがアルティマLEDのウリなんです。 良い物を選ぶ上で最も大事なことなのではないでしょうか。 と自画自賛している私です。

 

 

 

 名古屋市よりお越しのS様ご来店ありがとうございます。

 

 フォグランプに使用されているアルティマHIDのバラスト交換をさせていただきました。

 

 このランカスターは、ボディがピカピカでとても大事にされていることが見て取れました。

 

 ボディが綺麗なのは、良くあることですがS様は、エンジンルームまでとても綺麗でした。

 

 ここまでエンジンルームを綺麗にされている方は、なかなかいませんので感動しました。

 

 車を触る者として見習わないといけない部分ですね。  

 

  S様、次回のランカスターのボディーコーティングをアクティブ岡崎にお任せ下さい。

 

 その輝きと撥水効果を今までに無い体験が出来ると思いますので。 

 

  またのご来店をお待ちしております。

 

 本日は、アルティマLEDヘッドライトの装着レポート第二弾です。

 

前回は、車外からの画像でしたが今回は、運転席から見た画像をご紹介致します。

こちらの画像は、アルティマLED Rシリーズのバルブ形状H4を装着した日産パオのものです。

 

ロービームで照らしている画像ですがどうでしょうか? 純正ハロゲンよりもくっきり明るく感じると思います。

 

特に左側が純正ハロゲンよりもアルティマRの方がしっかり照らしていますね。車は、左側通行ですので歩行者や自転車などの早期発見には、とても良いと思います。

 

 

続いてハイビームの画像がこちらです。↓

ハイビームもロービームと同様に純正ハロゲンとは、違い明るさがはっきりしていますね。

 

純正ハロゲンは、色温度が暖色系ですのでどうしてもぼやけた感じになりますがアルティマRは、色温度が6000ケルビンですのでシャープに見えますね。 実際に走行してみると分かるのですがハロゲンと比べると標識を照らしたり歩行者や自転車の反射物(反射レンズ等)を照らすとハロゲンバルブよりアルティマRの方が明らかに反射物がくっきりと反射してわかりやすいです。 これは、晴れた日は、あまり意識しないのですが雨が降っている時は、その差が出ます。 やはりアルティマLEDは、明るいです。 

 

 

純正バルブが球切れしたりもう少し明るいヘッドライトにしたいと思ったらアルティマLEDのRシリーズ、Pシリーズをオススメします。 LEDヘッドライトは、いろんなメーカー、ショップから発売されていますがパッケージに記載されているデータがそのままなら問題無いのですが意外と多いんです。20ワットとパッケージに記載があるのに測定機で測定してみると13ワットしか出ていなかったりすることが・・・・。

 

 

アルティマシリーズは、すべて測定機で測定して正しいデータを把握した上での性能データを記載しておりますので安心してご使用頂けます。 

 

 

そこまでしているから自信を持ってオススメ出来るんです。

 

 

次回は、測定機での測定レポートをご紹介しようと思います。

 

 

 新型アルティマLEDヘッドライトの装着レポートです。

 

車両: 日産パオ

LED: アルティマLED Rシリーズ H4

場所: アクティブ岡崎(屋内)

時間: 17:00

 

 純正のハロゲンバルブとアルティマLED Rシリーズの比較で本来は、

車内から見てどれほどの違いがあるのかを比較するのが一番分かりやすい

と思うのですが今回は、あえて外から車両を撮影してみました。

 

 まずは、ロービームの画像です。

 まず色温度による違いが一目瞭然ですね。アルティマRは、6000Kですので白いです。

明るさもアルティマRの方がパワフルさを感じます。

 

 

 続いてハイビームの画像です。

 これは、明らかにアルティマRの方が明るいですね。ハイビームなので眩しいです。

 

 今回の比較は、アルティマRと純正ハロゲンとの感覚的な違いを皆さんにご理解頂け

たらと思いこのような比較にしてみました。 あくまでも感覚的な違いですが人間にとって

この感覚が非常に大事だと思います。比較して明らかにこちらの方が明るいとなれば

数字のデータよりも感覚で決定されることがほとんどだと思いますので・・・。

 

 実際にデータ取りしてもアルティマLED Rの方が明るいんですけどね。アクティブ岡崎

は、店舗名で企画運営は、(株)ケーディーエスと言う会社なのですがこの会社は、LED専門

の会社なのです。LEDに特化した会社ですので当然測定機器もプロフェッショナルな機材が

揃っています。 ですからこのアルティマLED Rもきっちりと消費電力、照度、光束(ルーメン値)

を測定してデータを開示しております。 当ホームページでもご紹介しておりますのでご覧

頂ければと思います。   

 

 

 アルティマシリーズは、データに裏付けされた商品と言うことがお分かり頂けたかと思います。って堅苦しいのは、抜きにしてもアルティマLED Rシリーズは、良いです! Rシリーズの上にはPシリーズもございます。こちらは、プレミアムのPと言うまさにフラッグシップモデルにふさわしいネーミングのLEDです。残念ならがパオに適合するものが無いのでお見せ出来ませんが性能は、Rシリーズよりも高出力なモデルです。 時代は、HIDからLEDへと変わって来ています。

 

アルティマLEDをご検討されては、いかがでしょうか。 

 

 今回のアルティマLEDのレポートは、随時行って行きたいと思いますのでお楽しみに。

 

 

 

 GMジャパンの発表によりますとシボレーコルベットが日本で限定10台販売されるとのことです。

 

 

限定10台と言っても最上級モデルの「Z06」と言うモデルは、ボディカラーが3色で各1台の

 

3台しか販売されないようです。

 

 

  いや〜カッコいいですね〜 コルベットいいです。 大排気量ハイパワーいいですね〜

 

ハイブリッド&高燃費が現実的で良いんでしょうがやっぱり夢も見たいですからね。

 

 

 この3色のコルベットが各1台限定・・・ 3/3〜3/13までの間にシボレー公式HPで販売予約

 

するようですね。もちろん抽選になりますね。 普通の人は、応募できるのか・・・・。

 

1462万円だそうです。 当たらなくても応募してみたいですね。 応募の条件とかあるのかな〜

 

 アメ車いいですね〜 アクティブ岡崎にアメ車で乗りつけて愛車自慢をしてください。

 

コーヒー、紅茶、ココアぐらいしかお出し出来ませんが車のお話しをしませんか〜

 

メーカー、車種は、問いませんのでお気軽に遊びにいらしてください。スタッフ一同

 

お待ちしております。

 

 今日から3月ですね。あっと言う間に時が過ぎて行きますね・・・・。

月が変わったと言うことでちょっと今回は、変わり種のご紹介です。

アクティブ岡崎のマスコットカーである日産パオの修理のことを書きます。

 このパオは、平成2年式、総走行距離277000kmも走っているおばあちゃん

なのです。そんなこんなで当然トラブルも発生する訳です。

 今回起きたトラブルは、ディストリビュータからのオイル漏れです。

通称デスビですね。 

 

デスビ

 

 最近のクルマには、付いていないので年式の差を

感じる部品です。 デスビとは、簡単に言うと点火電流を各気筒の点火プラグに

分配すると言う装置のことで当然こんな電気関係の部品からオイルが漏れて

来ていれば放っておく訳には行きません。 

 

オイル漏れ

 

 そこで修理となるのですがアクティブ岡崎は車の整備工場ではありませんので自社での修理は、

出来ません。 さて、困ったと思わないんですよ。 おばあちゃんパオを

10年以上も乗り続けていれば故障の10個や20個当たり前に起きるんです。

私もアクティブ岡崎に勤めている以上自分で修理出来ることは、やりますが

今回のデスビの修理は、まず工具が無い、経験が無いと言うことで

いつもお世話になっているパオの修理に長けているお店にお願いした訳です。

 

 このお店がとても良心的で良いんですよ。何がって修理代が安い!まずは、これに尽きると

思います。 このデスビのオイル漏れの修理が税込10800円。作業時間も1時間半ぐらい

ささっとやってくれました。 10800円が高いと思いますか? パオは、平成初期のクルマ

26年も前のクルマですので新品部品は、ほぼ入手不可能な状態です。新品部品が手に入

ってもおそらく5万円ぐらいは、するでしょう。 では、リビルト品は、どうでしょう?

これも25000円ほどしますね。それに交換工賃を入れれば簡単に3万円コースですね。

4万円かかってしまうかも知れませんね。それが10800円で修理出来ればこのお得感は、

ハンパ無いんじゃないでしょうか?

 修理の内容は、オイル漏れを止めると言うことでデスビをバラして劣化したパッキンを交換

するんですが実は、ここにも落とし穴があるんです。パッキンも入手不可能なんです・・・。

社外品の同サイズのパッキンを探してもらいそれで代用して装着するんです。やはりノウハウ

持っていないと出来ない仕事ですね。

 

デスビOH

 

 この上の画像の真ん中の黒いパッキンを専用工具で外し新しいパッキンを打ち込むんです。

内部がオイルまみれになっていますね。パッキンがしっかりしていれば内部にオイルが入る

ことは、無いですからパッキンが劣化していたんですね。 下の画像が新品と古いパッキンの

比較です。

 

パッキン

 

 こんな修理をしてくれるお店もなかなか少なくなって来て古いクルマが好きな人は、大変ですね。

パオに関しては、アクティブ岡崎でもお店の紹介などもしますのでお気軽にお問合せ下さい。

パオで来店されればアドバイス等も致しますので是非どうぞ。 女性パオオーナー様もお気軽に

いらしていただければと思います。