> > 2018年12月

2018年12月

rss

件数:7

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディA6のコーディングです。刈谷市からお越しのK様のご依頼で施工させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、人気メニューのデイライト。今回もパーキングブレーキ連動のご用命です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニードルスイープも施工させて頂きました。メーターが300km/hまで振れるのでしびれますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして最後は、画像がありませんがドアを開けるとパーキングブレーキが掛かってしまうのを解除するコーディングです。バックで駐車する際にドアを開けて後方を確認したい時がたまにありますがドアを開ければパーキングブレーキが掛かってしまいますので安全面は、良いのですが不便なんですよね。コーディングでドアを開けてもパーキングブレーキが掛からないように出来ますので気になっている方は、是非ご利用下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのK様、この度は、当店をご利用下さいまして誠にありがとうございました。今後もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、メルセデスベンツ CLA45 AMGシューティングブレークのコーディングです。オーナー様は、岡崎市よりお越しのS様です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらのお車は、デイライト等のコーディングは、されていたのですがオートライトの感度調整が出来ていなかったので当店にご来店されました。 周りのクルマは、ライトが点灯していないのに自分だけ点灯するタイミングが早いのでと言うことで今回コーディングで調整させて頂きました。 これで国産車並みになったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シューティングブレークは、迫力ありますね。マフラーの音も良いですしね。私は、マフラーの音が良いとワクワクしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メルセデスベンツのコーディングもアクティブ岡崎にお任せ下さい。お問い合わせは、お電話かメールでお気軽にどうぞ。車種と年式をお伝え下さい。

 

 

 オーナーのS様、輸入車を乗り継いでおられるようで大変羨ましく思います。この度は、当店をご利用下さいまして誠にありがとうございました。今後もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、ポルシェ718ケイマンGTSです。オーナー様は、名古屋市のS様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レーダー探知機は、ユピテル製のZ290Csdと言うモデルです。吊り下げてご使用になりたいと言うことでこのモデルをお選び頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フロントのドライブレコーダーです。ユピテル製のDRY-SV8100dと言うモデルに駐車監視用ユニットOP-VMU01を付けてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リアのドラレコもユピテルのDRY-SV8100dです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、オーナーのS様は、当店でレーダー探知機とドライブレコーダーをお買い上げ頂いてディーラーで取付をされたんです。と言うのは、新車でご購入されましたのでその際に納車の前にディーラーにレーダー探知機とドライブレコーダーを持ち込んで取付をされました。サービスで取付してもらえるとのことでその流れになりました。 そして本日当店に遊びに来て頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ケイマンGTSは、オプション等を入れると1000万超えですよね。なかなか新車で買えないですよね。羨ましいです。マフラーも良い音してました。モード切替をするとめちゃくちゃ良い音してましたね。走って気持ち良い車なんだろうな〜って思いました。音量は、大き目なので近所の目が気になるかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのS様、本日は、ご来店頂きまして誠にありがとうございました。今後も当店をどうぞ宜しくお願い致します。また是非遊びにいらして下さい。お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディS3のコーディングです。オーナー様は、名古屋市よりお越しのS様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、人気メニューのデイライトのコーディングです。MMIでON/OFFの切替が出来るようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オートライトの感度調整も行ないました。せっかくデイライトのコーディングをしてもオートライトですぐにヘッドライトが点いてしまうと残念ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 画像は、ありませんがアイドリングストップの無効化もコーディングしました。アウディA3/S3(8V)の場合は、アイドリングストップのメモリー機能は、出来ません。完全に無効化にするコーディングとなります。アイドリングストップ機能は、必要無いと思われる方は、コーディングで無効化出来ますのでご利用下さい。

 

 同じく画像がありませんがコンフォートウインカーの回数変更もさせて頂きました。ウインカーを軽くタッチすると純正の状態では、3回ウインカーが出ますがこの回数を5回に変更させて頂きました。0〜5回の間で設定することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 S様、本日は、ご来店頂きまして誠にありがとうございました。今後も当店をどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 当店よりお知らせです。 テスラモデルS専用のドリンクホルダーが発売になりました。バージョン1のプレミアムタイプとバージョン2のノーマルタイプの2種類になります。

 

 モデルS 2016年〜現行モデル適合となります。モデルS専用設計ですのでフィット感バツグンです。

 

 

 

 

 

 

 

 純正品のような自然な感じにフィットします。ドリンクを入れない時は、スライドカバーを閉じることも出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 脱着がとても簡単なのでドリンクホルダー下の開いたスペースは、小物入れとしても使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 こちらがテスラ モデルS専用ドリンクホルダーVer.1 プレミアムタイプになります。ご購入は、当店WEB STOREからご購入頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらがテスラ モデルS専用ドリンクホルダーVer.2 ノーマルタイプになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらもドリンクを入れない時は、スライドカバーを閉じることが出来ますしこちらのタイプは、ドリンクホルダー下のスペースがかなりありますので収納としてお使い頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありそうで無かったモデルS用のドリンクホルダー。純正のドリンクホルダーは、アームレストをずらすと出てきますがそこにドリンクを入れるとアームレストが使えなくなってしまいます。アメリカ人のような大柄な体系の方は、シート位置が後ろになりますのでドリンクを入れてもアームレストが使えるかも知れませんが日本人のほとんどの方は、純正のドリンクホルダーは、使いにくいと思います。  そう思われた方は、是非当店のドリンクホルダーVer.1 、Ver.2をご検討下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディS5(F5) 2018年式のコーディングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、デイライトです。と言ってもこちらのS5は、純正の状態でデイライトが点灯しております。しかもフロントだけ100%の光量で点灯しているのでそのままでも全然OKなのですがコーディングでON/OFFの切替が出来るようにメニュー表示させるのとパーキングブレーキに連動させました。 これで純正の状態よりずっと使い易くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてTVキャンセルです。テレビキャンセルは、やっぱり必要ですね。デイライトのコーディングと人気を分けるぐらい定番のコーディングです。 どちらも施工時間は、10分程度で終わりますのでお気軽にご来店下さい。 ご予約頂けると待ち時間も少なく済みますのでご予約をオススメ致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 S5スポーツバックの新車です。総額で900万円ぐらいでしょうか。354馬力らしいです。なかなか新車で買えないクルマですよね。羨ましいです。 オーナーのD様、本日は、ご来店ご利用下さいまして誠にありがとうございました。今後も当店をどうぞ宜しくお願い致します。 次回は、ドライブレコーダーの取付ですね。 ボディコーティングは、来年の秋ぐらいでも大丈夫そうですよ。 またお気軽に遊びにいらして下さいね。 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディTTのコーディングです。オーナー様は、当店の常連のお客様で岡崎市のY様です。今回行なったコーディングは、ポジションランプを点灯させた時の光量UPのコーディングです。

 

 

 

 

 

 

 上の画像は、ポジションランプ点灯時の画像で向かって左側が純正の状態で右側がコーディングによって光量を上げた状態です。 純正の状態のポジションランプは、TTの場合30%以下の光量になります。それを今回85%まで光量を上げました。デイライトの場合、通常100%の光量で設定しますのでそれより若干低い光量ですがそれでも夜だと明る過ぎるかも知れませんね。今回は、お試しで85%にしてみましたが夜間ですので50%ぐらいが良いのでは?と個人的には思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 左右ともに85%で設定しました。車検等の問題もございますので当店としては、お客様のご要望があれば自己責任でお願い致しますと言う条件で施工することは、可能です。 このポジションランプの光量UPのコーディングは、TTの他にA3/S3、フォルクスワーゲンも有効になりますので気になる方は、お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 オーナーのY様、いつもご利用ありがとうございます。次は、いよいよボディコーティングじゃないですか?ボディ研磨してツヤツヤピカピカのTTに仕上げますよ!!