ホーム > STAFF BLOG > 2017年10月 > フォルクスワーゲンCC レーダー探知機取付&マフラー出口磨き

フォルクスワーゲンCC レーダー探知機取付&マフラー出口磨き

 

 本日ご紹介するのは、フォルクスワーゲンCCのレーダー探知機取付とマフラー出口の磨き作業です。 オーナーのM様は、先日コーディングでご来店頂き今回リピートでご利用下さいました。 

 

 

 

 

 

 

 

 今回取付させて頂いたレーダー探知機は、ユピテルのZ810DRと言うモデルです。

 

 レーダー探知機とドライブレコーダーがセットになった最新モデルです。ドライブレコーダーには、液晶画面が無くレーダー探知機の画面でドライブレコーダーの画像を表示したり再生出来るのでドライブレコーダーが小型ですっきりしています。レーダー探知機とドライブレコーダーの両方をご検討中の方は、このZ810DRがお得です。

 

 

 

 

 

 

 レーダー探知機は、運転席の右側、ドライブレコーダーは、バックミラーの左側に取付させて頂きました。取付場所は、可能な限りお客様のご指定の位置にお取付致します。 今回の取付位置は、理想的だと思います。

 

 

 

 

 

 ドライブレコーダーが小型なのがいいですね。 助手席の人の視界も遮ることは、ありません。また液晶画面が付いていないので夜間のドライブも気になりませんね。

 

 

 

 

 

 レーダー探知機の液晶にドライブレコーダーの映像を映すことが出来ます。再生も出来ますので万一の時もその場で確認することが出来ます。 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてマフラー出口の磨きもご依頼頂きました。 ステンレス製であればこの通りピカピカになります。せっかくボディもタイヤ&ホイールも綺麗なのにマフラーの出口が汚れていると残念ですので磨きも是非ご依頼下さい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのM様、今回も当店をご利用下さいましてありがとうございました。 またのご利用お待ちしております。次回は、前回に引き続きコーディングですね。 ただあまり難易度の高いコーディングの課題を出されると私の頭がパンクしてしまいますのでお手柔らかにお願い致します。