ホーム > STAFF BLOG > 2017年10月 > VW パサートB8 2015年式コーディング

VW パサートB8 2015年式コーディング

 

 本日ご紹介するのは、2015年式 フォルクスワーゲン パサートB8のコーディングです。 安城市からお越しのK様のご依頼でTVキャンセル、デイライト(パーキングブレーキ時消灯)、オートライト感度調整を施工させて頂きました。

 

 

 

 

 TVキャンセルのコーディングは、施工時間が5分程度で出来ますのでアウディ、フォルクスワーゲンのオーナー様は、是非ご利用下さい。 年式や車種によって施工不可の場合がございますのでご来店前にお電話でご確認下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 続いてデイライトです。今回は、パーキングブレーキ使用時は、デイライトがOFFする設定にさせて頂きました。お好みでお選び頂けますのでお申し出下さい。 通常は、イグニッションONでデイライトが点灯しウインカー、ハザードを出すとパサートB8の場合は、デイライトが減光します。 アウディの多くは、ウインカーやハザードでデイライトは、消灯します。

 

 

 

 この他にオートライトの点灯タイミングをノーマル状態から鈍くするコーディングを施工致しました。パサートB8は、オートライトの点灯タイミングが標準、敏感、鈍感と3段階になっており純正の設定は、標準になっています。これを今回鈍感に変更しました。 これでいつもよりオートライトの点灯タイミングが遅くなると思います。

 

 

 

 

 

 オーナーのK様本日は、ありがとうございました。 次回のご入庫は、ボディコーティング、ガラス撥水コーティング、メッキモールクリーニングですね。 ウォータースポットが激しく付着しておりますので気合い入れて研磨致しますね。