ホーム > STAFF BLOG > メルセデス AMG C63S コーディング&レーダー探知機取付

メルセデス AMG C63S コーディング&レーダー探知機取付

 

 

 

 本日ご紹介するのは、メルセデスAMG C63Sのコーディングとレーダー探知機取付です。オーナー様は、豊田市からお越しのN様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 施工させて頂いたコーディングメニューは、デイライトです。この車両は、元々デイライトのメニュー表示があり点灯の設定にするとヘッドライトが点灯する仕様でした。それをポジション部分のLEDを明るく光らせるコーディングになります。

 

 今回は、施工しておりませんがオートライトの感度調整も可能です。国産車よりもかなりオートライトの感度が敏感になっていると思いますのでコーディングで国産車並みに設定するとデイライトの点灯時間が長くなって良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてレーダー探知機の取付です。お選び頂いた機種は、ユピテルのZ110Lと言う最新モデルです。先月末に発売されたばかりの一番新しいレーダーです。ワンボディタイプですのでアンテナ等の設置が必要無くすっきりと取付することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 設置場所は、ここが定番ですかね。最近は、輸入車でも右ハンドルが多いので左ハンドルのお車にレーダーを付けると新鮮な感じに見えます。カッコイイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 AMG C63Sを間近で見たのは、初めてだったので嬉しかったです。マフラーも良い音してました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのN様、この度は、当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。今後も当店を末永く宜しくお願い致します。