ホーム > STAFF BLOG > アウディA4 コーディング

アウディA4 コーディング

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディA4のコーディングです。オーナー様は、長野県からお越し頂きましたY様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デイライトの光量を80%に設定させて頂きました。通常は、100%で設定するのですがご希望により光量を変更することも可能です。オーナー様に立ち会って頂き100%と80%の違いを実際に見て頂き80%にさせて頂きました。ぱっと見では、違いは、分からないと思いますが100%から80%に減光するのを目の前で見ると良く分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メニューも表示させますのでデイライトのON/OFFの切替は、お好みでして頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パーキングブレーキ連動の設定にさせて頂きましたので上の画像のパーキングブレーキが掛かっている時は、デイライトは、消灯します。パーキングブレーキを解除するとデイライトが点灯します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アイドリングストップボタンのメモリー化です。上の画像のアイドリングストップOFFのボタンが点灯している状態でエンジンを止めても次にエンジンを始動させれば上の画像と同じ状態になります。アイドリングストップをさせたい時は、ボタンを押してランプを消灯させればアイドリングストップしますのでとても便利なコーディングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして最後は、エンジン始動中にドアを開けるとエンジンが停止してしまう&パーキングブレーキが掛かってしまうと言うのを解除するコーディングです。慣れない場所に駐車する時などにドアを開けて後方を確認したい時などにドアを開けるとエンジンが停止してしまう&パーキングブレーキがかかってしまうと言う安全面では、良いと思いますがスムーズな駐車が出来なくてイラっとすることもあると思います。 そんな方は、コーディングで解除することが可能です。 車種によっては、エンジンは、止まらないけどパーキングブレーキが掛かってしまうと言う場合もコーディング可能です。 対応している車種は、アウディのA4、A5、A6、A7、A8(S、RSも含みます)の2017年式以前のモデルとなります。詳細は、お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのY様、この度は、遠路長野県からご来店頂きまして誠にありがとうございました。今後も当店をどうぞ宜しくお願い致します。