ホーム > STAFF BLOG > VWゴルフ7.5 コーディング&フォグランプLED化

VWゴルフ7.5 コーディング&フォグランプLED化

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、フォルクスワーゲンゴルフ7.5のコーディングとフォグランプのLED化です。オーナー様は、名古屋市からお越しのH様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、コーディングからご紹介します。コーディングメニューで一番人気のデイライトです。オートライト連動の設定にさせて頂きました。ライトスイッチがオートライトの位置の時だけデイライトが点灯します。周囲が明るい時は、デイライトが点灯し暗くなるとヘッドライトに切り替わります。0の位置にしているとデイライトは、点灯しません。ディスカバープロの画面上でもデイライトのメニューが追加されていますのでそちらでのON/OFFの切り替えも出来ますので便利です。

 

 

 画像は、ありませんがワンタッチウインカーの回数変更のコーディングも施工致しました。純正の場合3回ですが5回に変更してあります。ディスカバープロの画面上は、3回のままですが実際は、コーディングで設定した回数が反映されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてカミングホームのコーディングです。ドアロックを解除(アンロック)で純正では、ヘッドライトが点灯しますがフォグランプが点灯するようにコーディングさせて頂きました。このコーディングは、ゴルフ7、7.5、パサートB8、ティグアン5N、ポロAW、アルテオンに適合します。 これは、なかなか良い感じです。フォグランプを当店オリジナルのアルティマLEDに交換してありますのでめちゃくちゃ明るいです。アルティマLEDについては、最後に記載します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後のコーディングは、アンサーバックです。ドアロック、アンロックをした際にホーンもしくは、電子音が鳴ります。車両によってホーンか電子音かになります。ディスカバープロの画面上に「セントラルロッキングの音声による作動確認」と言うメニューも追加されますので必要が無ければ ✔ を外しておけば音声は、出ません。 下の動画でご確認下さい。今回の車両は、ホーンが鳴りました。 アンサーバックと同時にカミングホームのフォグランプ点灯のコーディングも見て頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カミングホームのフォグランプ点灯、アンサーバックのコーディングどちらも目立ちますね。アンサーバックは、電子音だと周囲にも迷惑が掛からない感じで良いと思います。ホーンは、大きなショッピングモールの駐車場でクルマを探す際には、有効だと思います。使う使わないどちらにしてもディスカバープロの画面上で切り替えが出来ますのでせっかくなら機能として使えるようにしておくと良いかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてフォグランプのLED化です。当店オリジナルのアルティマLEDです。ヘッドライトに使用するLEDバルブをフォグランプに使ってしまうと言うなんとも贅沢なことです。明るいのは、当然ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらがアルティマLEDになります。今回使用したのは、ULS2-H11と言う品番です。当店のWEB STOREからもお買い求め頂けますのでご自身で取付られる方や遠方の方は、そちらからご購入下さい。WEB STOREからお買い求めの際は、バルブ形状のH8/H11をご選択下さい。 大変明るく人気の商品です。在庫が無くなると入荷までお時間がかかりますので気になる方は、お早目にお求め下さい。 アルティマLEDは、ディーラー様、ショップ様、中古車業者様、個人様からご支持を頂いておりますので安心してお使い頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回のゴルフ7.5は、純正のハロゲンバルブと交換するだけで取付可能です。ティグアン5Nのフォグランプで使用される場合は、LEDバルブに加工が必要になります。通販でご購入される場合は、H8/H11をお選び頂き「その他ご要望」の欄にティグアンのフォグランプに使用することをご記入頂ければ無料で加工して出荷させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのH様、この度は、当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。今後も当店をどうぞ宜しくお願い致します。