ホーム > STAFF BLOG > 2020年7月 > BMW X3 コーディング

BMW X3 コーディング

 

 

 

 本日ご紹介するのは、BMW X3のコーディングです。オーナー様は、岡崎市からお越しのI様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 施工させて頂いたコーディングメニューは、アイドリングストップのメモリー化です。オーナーのN様からお電話でお問い合わせを頂いた時にお聞きしたのですがこちらのお車は、アイドリングストップが作動してエンジンが停止してリスタートの際にギアがN(ニュートラル)かP(パーキング)に入ってしまうと言う不具合が出ているらしくN様にその不具合は、リコールもしくは、サービスキャンペーンの対象じゃないですか?とお聞きしたのですがN様は、ディーラーに入庫して確認してもらったようですがリコールもサービスキャンペーンも対象外だったそうです。実費修理で60万円かかると言われたようです・・・。 そこで当店にコーディングでアイドリングストップが作動しないようにすれば良いのではないか?と言う相談でお問い合わせを頂きました。

 

 コーディングでアイドリングストップのメモリー化しましたので一度アイドリングストップのキャンセルボタンを押せば次にエンジンを掛けてもボタンを押した状態で立ち上がりますので実質的には、アイドリングストップの機能を停止しているのと同じ状態ですのでN様がご心配されているアイドリングストップが作動してリスタート時にもたつくようなことは、解消されたのですが完全に問題が解決した状態では、ありません。 N様がお帰りになってからネットで同じような事例が無いか調べたらありました。なんとX3で全く同じ症状のオーナーさんの記事がありました。しかもそのオーナーさんは、サービスキャンペーンが適応されて無償での修理を受けられたと・・・。 えっ?なんで? N様のお車が何故サービスキャンペーンの対象から外れているの?BMWのディーラーで新車で購入されているのに何か条件があるの? この不具合に走行距離や購入から何年以内とか関係ない気がしてならないですが。アイドリングストップ時にギアがニュートラルかパーキングに入ってしまう不具合なんてリコール案件のように思えますけどどうなんでしょうかね〜  同じような不具合を抱えている方は、まずは、ディーラーに問い合わせてみて実費修理ならコーディングでアイドリングストップの機能を停止してしまうのが良いかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アイドリングストップの不具合が無償で修理してもらえれば良かったんですけどとりあえずは、コーディングでアイドリングストップしない状態なので大丈夫ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのI様、この度は、当店をご利用下さいまして誠にありがとうございました。今後も当店をどうぞ宜しくお願い致します。