ホーム > STAFF BLOG > 2020年9月 > VWティグアン コーディング

VWティグアン コーディング

 

 

 

 本日ご紹介するのは、フォルクスワーゲン ティグアンのコーディングです。オーナー様は、日進市のK様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、デイライトのコーディングです。ドイツ車のオーナーになったら真っ先にやりたいコーディングメニューですかね。一番人気のあるメニューです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メニューが表示されるようになりますのでデイライトのON/OFFは、お好みで操作することが出来るようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デイライトのオートライト連動設定です。ライトスイッチがAUTOの位置にある時だけデイライトが点灯します。周囲が暗くなったらデイライトからヘッドライトに切り替わります。普段ライトスイッチをAUTOにしている方にオススメの設定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アイドリングストップ無効化のコーディングです。フォルクスワーゲンの場合は、メモリー化が出来ない為、無効化の設定となります。アイドリングストップの恩恵は、あまり受けられないと思いますので無効化にしても問題になることは、無いと思います。バッテリーやセルモーターの負担のことを考えると無効化にしてしまう方がクルマを維持して行く上では、お財布に優しい結果になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヘッドライトウォッシャーの無効化コーディングです。この機能も雪が降らない地域では、必要が無いように感じます。意図せずにヘッドライトウォッシャーが作動してしまってバンパーやボンネットが汚れてしまうことが無くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンビエントライトのカラーパレット追加のコーディングです。今回は、10色のカラーパレットで設定させて頂きました。30色のパレットを出すことも可能です。お好みでお申し付け下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カラーパレットで選択した色がメーターやディスカバープロに反映されます。気分で変えるのも良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのK様、この度は、当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。今後もどうぞ宜しくお願い致します。