ホーム > STAFF BLOG > 2020年10月 > VW パサートB8 コーディング

VW パサートB8 コーディング

 

 

 

 本日ご紹介するのは、フォルクスワーゲン パサートB8のコーディングです。オーナー様は、愛知県のO様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デイライトのコーディングです。B8パサートの場合、デイライトの光量の変更も可能です。通常は、100%の光量で設定させて頂きます。今回も100%になります。明るすぎるかな?と思われる場合は、85%ぐらいに光量を落とすことも出来ますのでお気軽にお申し付け下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ディスカバープロに「デイタイムランニングライト」の項目が追加されますのでデイライトのON/OFFがお好みで行えるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デイライトのオートライト連動設定です。ライトスイッチが画像のように「AUTO」の位置になっている時だけデイライトが点灯します。「0」の位置にするとデイライトは、消灯します。普段「AUTO」の位置にしている方は、デイライトのオートライト連動設定がオススメです。暗くなればデイライトからヘッドライトに切り替わりますのでいままで通りにお使い頂けると思います。デイライトが必要無いと思えばディスカバープロでOFFにしなくてもライトスイッチを「0」の位置にすればデイライトが消えますので便利だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パサートB8は、コーディングメニューが豊富にございます。オートライトの感度調整、アイドリングストップ無効化、TVキャンセルなどの定番メニューからエアコンの風量表示、エアコンモード表示、ハイビームアシストメモリーなど便利なコーディングメニューもありますしフォグランプのLED化も人気です。当店オリジナルのアルティマLEDが明るくてオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのO様、この度は、当店をご利用下さいまして誠にありがとうございました。今後もどうぞ宜しくお願い致します。ルーフレールの研磨作業もご検討頂ければと思います。