ホーム > STAFF BLOG > 2016年12月

2016年12月

rss

件数:12

 

 本日は、メルセデスベンツ CLS 63 AMG シューティングブレークの作業レポートをお届けします。施工項目が多いので今回は、その(1)をお伝えします。 岡崎市のY様よりご依頼頂きました。 ボディコーティングのフルコースとなります。

 

 

 まずは、金属モールのクリーニングです。輸入車、特にドイツ車の宿命でもある金属モールのクスミをクリーニングして行きます。アクティブ岡崎の金属モールのクリーニングは、完全手作業で行ないます。状態を確認しながら丁寧に研磨し復元します。モール部分は、機械研磨では、どうしても削り過ぎたり工具が使えない部分がありますので手作業で研磨します。 クスミが取れて復元出来たらコーティング剤を塗布して保護します。

 

 

作業前の状態です。ウォータースポットとクスミで残念な状態ですね。

 

 

完全に復活しています。綺麗です。気持ちが良いですね。

 

 

 

 

 続いてボディコーティングです。下地処理をしてからのコーティングです。時間をかけてしっかり研磨し完全硬化型のコーティング剤を塗布します。 ツヤツヤのピカピカに仕上がっております。 ガラス面のウロコ除去&ガラス撥水コーティングも施工してあります。ガラスサンルーフのウロコ除去&撥水コーティングもバッチリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 アクティブ岡崎のボディコーティングは、オーナー様に喜んでもらえるサービスを心がけておりますので今回は、マフラーの出口もクリーニングさせて頂きました。このお車は、CLS63 AMGシューティングブレークと言うモンスターマシンです。純正のマフラーなのにものすごく良い音が出ます。てっきり社外マフラーに交換されているのかと思うほどの重低音で轟いていました。そんな音を聞いた人は、必ずマフラーを見ると思うので磨いておきました。

 

 

せっかくのAMG専用マフラーがススと汚れで・・・

 

この輝きがあってこそです!光る部分は、光らせるってのがアクティブ岡崎です。

 

 

 

 そして最後は、ホイールコーティング。こちらもAMG専用のホイールですね。デザインもカッコ良いです。ホイールコーティングの前の洗浄作業が一番大変です。洗車するよりもホイールを洗浄する方が何倍も時間がかかりますがそこは、アクティブ岡崎の拘りでしっかり洗浄してからのコーティングになります。ブレーキキャリパーも可能な限り洗浄します。

 

 

 

 今回は、ここまでです。この他の作業もありますのでそれは、後ほどレポートします。

 

 

 

 

 豊田市よりお越しのA様のアウディA4にデイライトとニードルスウィープのコーディングを施工致しました。

 

 

 

 なんとこのお車は、娘さんのお車だそうです。他のコーディングのメニューもありましたがとりあえずクルマに慣れるまでは、デイライトとニードルスウィープに留めておくとのことでした。 いままで何度も街中でデイライトを点灯させて走っているクルマを見てますが女性でデイライトのコーディングをしてるのは、まだ見たことないんですよね〜 これからは、女性も増えてくるといいですね。  

 

 

 

 デイライトは、当店人気No.1メニューです。コーディング施工時間も10分程で終わりますので気になってる方は、是非お越し下さい。デイライトが点灯出来るのと出来ないのでは、オーナーとしての優越感が違ってきますので迷っているならやりましょ〜 車内でON/OFFの切り替えが出来ますので必要無い時は、OFFにすれば良いので。デイライトの機能だけ生かしておくのも良いと思います。