2018年3月

rss

件数:11

 

 本日ご紹介するのは、豊橋市からお越しのM様のご依頼でアウディS8のコーディングを施工致しました。

 

 

 

 

 S8の入庫は、初めてです。ご入庫された時にあれ?大きい?って思ったらS8でした。迫力ありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、TVキャンセルのコーディングです。定番メニューですね。これで快適ドライブが楽しめます。ただし走行中は、運転される方は、見てはいけませんので。 安全運転に努めて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてお次は、アイドリングストップキャンセルボタンのメモリー機能を持たせるコーディングです。エンジンをかけるたびに毎回アイドリングストップのキャンセルボタンを押すのが面倒と言う方には、めちゃくちゃありがたいコーディングです。エンジンを止める前の状態を記憶してくれるのでボタンが押してある状態でエンジンを止めると次にエンジンをかけた時は、押した状態のままになっていると言う他の車種でも欲しい機能が得られます。  このコーディングが出来る車種は、アウディでも限られた車種になりますのでお問い合わせ頂ければ分かる範囲でお答え致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてラップタイマーの表示です。いままで表示出来なかったものが表示されると嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 S8って響きが良いですね〜 アウディのセダンの最高峰モデルですからね。 M様のお車は、ほぼフルオプションだそうです。 総額2200万円ほどするらしいです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 車体がデカい。。。ブレーキは、カーボンブレーキです。良く走って良く止まるんでしょうね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 M様、この度は、ご来店頂きまして誠にありがとうございます。次回は、是非デイライトも点灯させましょう。そしてマフラーの出口の研磨もお受け致しますよ。 今後もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、日産パオです。私の愛車なのですがやっとレーダー探知機とドライブレコーダーを取付けることが出来ましたのでご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 日産パオ 平成2年式 総走行距離308000kmのおばあちゃんです。このパオに最新のレーダー探知機とドライブレコーダーを付けました。

 

 

 

 

 

 

 まずレーダー探知機は、ユピテルのZ190Rと言うモデルです。本来このZ190Rは、画像のように吊り下げるステーは、付属しておりませんのでご注意下さい。店舗で取付をご依頼される場合のみステーがあればこの位置の取付もお受け出来る場合がありますが通販では、対応出来ませんのでご了承下さい。

 

 パオの場合、OBDアダプターの使用が出来ませんので取付は、電源直結となります。Z190Rは、指定店専用モデルなので電源直結用のケーブルが付属していますのでそちらを使えば電源とアースを取るだけですね。シガライターから電源を取るタイプでは、無いので配線がすっきりします。 パオのように古いクルマでも配線が見えているとカッコ悪いですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 そしてドライブレコーダーです。こちらもユピテル製です。 SN-SV70dと言うモデルになります。これも今月に発売されたばかりの最新型です。 コンパクトなボディなのでパオのように小さいクルマでもこの位置に取付が出来ました。視界の邪魔にならないのでとても良いですよ。

 

 

 

 

 古いクルマだって最新型のレーダー&ドラレコ取付可能です。このご時世、ドライブレコーダ―は、欲しいところですよね。この機会に是非いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしておまけです。ルームランプのLED化です。これに使われているLEDは、アルティマLEDのパオ専用になります。

 

 

 

 めちゃくちゃ明るいです。パオは、レトロなクルマなので暗い電球でも良いのですがこれだけ明るいとこれは、これでカッコ良いです。 カスタムしてやった感がありますよ。

 

 

 

 夜の画像です。周囲は、暗闇でも室内は、この通り。これだけ明るくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてもう一つおまけ。 トランクのダンパー交換です。パオのトランクダンパーは、油圧がダメになってしまって開けた状態で保持することが出来ない車両がほとんどです。ガラスの重みで手を放すと閉まってしまうんですよね〜 私は、週に2回家のゴミ出しをしているのですがトランクにゴミ袋やダンボールを入れて行くのでこのダンパーがバカになっていると自分の頭でガラスを支えてトランクからゴミ袋やダンボールを出さないといけなくて毎回ダンパー交換したいな〜って思っていたんです。そこで先日、やっと交換することが出来ました。 このダンバーは、社外品ですが新品なので交換すると気持ちよくス〜って開いてくれますよ。 左右2本の交換になります。 こちらも交換したいと言う方は、お問い合わせ下さい。

 

 

 

 パオオーナーの方、是非アクティブ岡崎に遊びに来て下さい。私のパオならいくらでも見て触って頂いて結構ですよ。カスタム、メンテナンスのアドバイスも致しますのでお気軽に遊びにいらして下さい。

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディA4(B8)アバント 2010年式のコーディングです。 西尾市からお越しのM様のご依頼です。

 

 

 

 

 M様のA4アバントは、既にいろいろなコーディングがされておりました。デイライトやニードルスイープなど定番のものからドア開エンジン停止なども施工されておりました。 今回当店でご依頼をされたのがTVキャンセルとリアワイパー非連動のコーディングになります。

 

 

 

 

 

 まずは、TVキャンセルです。問題無くコーディング出来ました。施工時間およそ5分です。あっと言う間に完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてリアワイパーの非連動です。これは、フロントワイパーを稼働させている時にリバースギアに入れると自動でリアワイパーが稼働すると言う純正の機能を停止させるコーディングです。こちらのコーディングも数分で完了でう。 ちょうどこの日は、雨だったので作動確認が容易に出来て助かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのM様、この度は、ご来店頂きまして誠にありがとうございます。今後もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、The Beetle(ザ ビートル)のデイライトコーディングです。瀬戸市からお越しのM様のご依頼で施工させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 The Beetleが入庫するのは、なんと初なんです。当店は、アウディのお客様の方がフォルクスワーゲンのお客様より多いので今回初めてThe Beetleを間近で見ました。 年式は、2015年式です。新車登録から3年が経っていますがボディの状態も内装もとても綺麗で新車と変わらないほどでした。丁寧に使われているのが良く分かります。

 

 

 

 

 

 

 今回は、デイライトの施工だったのですが社外ナビの為、ON/OFFの切替が出来ないのが残念ですがそれでもデイライトが点灯しているとカッコ良いですからね。 ノーマルの状態から比べると断然GOODです。

 

 

 

 

 

 

 The Beetleのスタイルは、独特ですね。女性にも人気が高いですからね。M様のThe Beetleは、内装のカラーもとてもオシャレでしたよ。

 

 

 

 

 

 

 オーナーのM様、本日は天気の悪い中ご来店頂きまして誠にありがとうございました。とても綺麗なお車なのでこの先も大切に乗られることを願っています。2019年でThe Beetleは、販売終了となってしまいます。ずっと大事にして頂きたいですね。

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、ハイエースのセキュリティ取付です。オーナー様は、愛知県内よりご来店頂きました。

 

 

 

 

 セキュリティの取付をしたのですが詳細は、防犯上説明出来ませんし画像もお見せ出来ないので普通の写真になってしまいますね。画像では、分かりませんがばっちりガードされておりますので安心してお使い頂けます。 当店人気のオリジナルアクリルスキャナーも装着しているのですが今回は、そちらもお見せ出来ません。 オーナー様のデザインを忠実に再現しておりますので大変ご満足頂けました。

 

 

 

 

 

 こんな感じのアクリルスキャナーがご自身のデザインで作ることが出来ますよ。上記サイズ以外も作成可能ですが特注品となりますのでお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハイエース200系もついに5型まで来たんですね。5型は、電動のスライドドアですしオートハイビームなどのハイテク装備までついてますし安全装備も乗用車と変わらないほどに進化していますね。 日産のキャラバンを意識しているのでしょうか。 私が一番驚いたのは、このハイエースは、ディーゼル車なんですがアドブルーを使うんですね〜 アドブルー(尿素)は、大型トラックだけのものかと思っていたのでびっくりしました。大型トラックのように大量に消費しないようですがそれでも補給は、しないといけないんですね。

 

 

 

 この度は、当店をご利用下さいまして誠にありがとうございました。セキュリティの感度調整など再設定が必要な場合には、お気軽にご来店下さいませ。 ルームランプ等のLED化もご検討下さい。

 

 

 

 

 本日は、岡崎市からお越しのH様のご依頼でコーディングをご紹介致します。車両はアウディA4 アバント 2014年式になります。 コーディング施工メニューは、下記の通りです。

 

 ・TVキャンセル

 ・デイライト(パーキングブレーキ連動)

 ・オートライト感度調整

 ・ニードルスイープ

 

 

 

 

 

 

 定番のTVキャンセルは、あっという間に施工出来ますよ。TVキャンセルのコーディングだけならご入庫頂いて10分もあればすべて終了致します。ご来店の前に入庫可能かどうかの確認をお電話でお願い致します。お電話の際に車両の年式等をお聞きして施工出来るかどうかを判断させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらも人気の定番メニュー。デイライトです。アウディ、フォルクスワーゲンのオーナー様には、是非デイライトを点灯させて頂きたいですね。 2018年モデルのアウディでは、テールランプとナンバー灯までデイライトとして点灯してしまうのでそれは、逆に残念なのでテール&ナンバー灯は、コーディングで消灯させて欲しいですね。どちらにしても当店にお任せ下さい。 2018年以前のモデルでは、通常のデイライト点灯、MMIでON/OFF切替メニュー表示が出来るようになります。2018年モデルでは、フロントデイライト点灯、リアデイライト消灯、MMIでON/OFF切替メニュー表示が出来るようになります。 そしてパーキングブレーキONの時は、デイライト消灯と言うパーキングブレーキとデイライトが連動させることも可能です。 お好みでお選び頂けます。

 

 

 そしてオートライトの感度調整もしておくと良いと思います。アウディは、オートライトの感度が良いので周囲の車よりもライトの点灯タイミングが早いのでせっかくデイライトを点灯させていてもヘッドライトが点灯してしまうとデイライトは、減光してしまいます。オートライトの感度を調整して周囲と同じぐらいのタイミングで点灯するようにしては、いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、ニードルスイープです。イグニッションをONにするとメーターの針がマックスまで振り切れると言うものですね。一瞬の演出ですがオーナー様には、満足頂けるメニューです。 メインのコーディングメニュー(TVキャンセルやデイライト)の施工ついでにご依頼頂く方が多いです。ついてにやっといて〜って感じでも全然OKですのでお気軽にお申し出下さい。コーディング施工中であっても追加したメニューが出てきたりこんなの出来るの?って言うご質問などもお気軽にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのH様、この度は、当店をお選び頂きまして誠にありがとうございます。お近くですのでまた是非遊びにいらして下さい。 ガラスの撥水コーティング等もありますのでご検討頂ければと思います。今後もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディQ7(4M)2018年モデルのコーディングです。 豊田市よりお越しのT様のご依頼でデイライトのテール&ナンバー灯を消したい。そしてMMIにメニュー表示させてON/OFFの切替が出来るようにしたいと言うことでご来店頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 早速テールとナンバー灯のデイライトを消灯させました。フロントのデイライトは、扉のガラスに映っていますね。2018年モデルのアウディは、デイライトが標準になっておりますのでラッキーと思われる方がいますがテールランプとナンバー灯も点灯しますのでちょっと残念なんですね。 しかもエンジンをかけたら(イグニッションONで)デイライトが点灯しますのでちょっと駐車してスマホを触ってると言う時でも点灯しているのでライトの消し忘れのように思われてしまいそうです。 せめてON/OFFの切替が出来れば良いのですがそれも出来ませんので・・・。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近このテールとナンバー灯のデイライトを消して欲しい&MMIにメニューを表示させて欲しいと言う依頼が急増しています。2018年モデルのアウディは、この依頼がダントツでトップですね。 お困りの方は、是非アクティブ岡崎へご依頼下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして今回は(今回も?)デイライトをパーキングブレーキに連動させてパーキングブレーキを解除するとデイライトが点灯するように設定しました。 なのでエンジンをかけたまま駐車している時は、パーキングブレーキをかけるのでその時は、デイライトは、消灯します。走り出せば(パーキングブレーキ解除)自動でデイライトONになります。 便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのT様、この度は、ご来店頂きまして誠にありがとうございました。今後もどうぞ宜しくお願い致します。お近くですのでお気軽に遊びにいらしてください。 ボディコーティングも是非ご検討下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日、ユピテルのドライブレコーダーの最新モデル SN-SV70d が入荷しました。 2月発売と言われたいた最新モデルですが1ヶ月遅れでようやく本日発売し入荷して来ました。

 

 

 

 

 既に多くのお客様にご予約頂いておりましたので本日入荷分は、残りわずかです。在庫分が無くなると次回の入荷は、3月末以降になるようです。 ご検討中の方は、お早目に購入して下さいね。 当店で取付も行なっておりますので取付が心配な方は、お任せ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このドラレコの特化したところは、夜間の映像が鮮明に撮影出来るところです。上の動画を見て頂ければ分かりますがこれだけ鮮明に映りますので駐車監視に向いているモデルとも言えますね。オプションでマルチバッテリーを付けたり電圧監視機能付きの電源ユニットを付けて駐車中も録画すると言う使い方もあります。 当店が取り扱っているカーセキュリティのゴルゴと連動させるのもありですね。 

 

 

 

 高性能ドライブレコーダーいかがでしょうか? 店舗でも通販でも購入出来ますよ。 ただし在庫が無くなると入荷に時間がかかりますのでお早目にどうぞ。

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディTT(8S)2018年式のコーディングです。豊田市からお越しのZ様のご依頼で施工させて頂きました。内容は、ドアロック&ドアアンロックの際にホーンでアンサーバックすると言うものです。

 

 

 

 

 アンサーバックの機能を備えていても日本で販売される場合は、この機能が封印されています。これをコーディングで使用出来るようになります。 自宅では、ちょっとうるさいなと思う場合は、MMIの画面でON/OFFの切替が出来ますので状況に応じてお使い頂けます。例えば大型のショッピングモールなどに駐車した際に駐車した場所を見付ける為に便利かも知れません。 あとは、同型車が近くに駐車している時にアンサーバックすると「あれ?なんでオレのクルマは、鳴らないのにあの人のは鳴るんだ?」って不思議がられるかも知れませんね。 それってちょっと優越感に浸れませんか? 同じクルマなのに自分のは、カスタムされてる感があって良いと思います。必要無ければOFFにしておけば良いだけですからね。 

 

 

 

 

 

 こちらの設定画面でON/OFFを選択することが出来ます。 このタイプのアンサーバックコーディングは、TT(8S)の他にアウディA3/S3(8V)、フォルクスワーゲンゴルフVII、パサートB8でも可能です。  TVキャンセルやデイライトのコーディングのついでにいかがでしょうか?

 

 

 

 オーナーのZ様、いつもご利用ありがとうございます。また遊びに来て下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディ S3(8V)のコーディングです。2017年式のお車になります。安城市よりお越しのA様のご依頼でアイドリングストップのキャンセルとヘッドライトウォッシャーの作動時間変更のコーディングを施工させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、アイドリングストップのキャンセルです。アウディのA3/S3(8V)、TT(8S)等は、フォルクスワーゲンが開発したMQBプラットフォームを採用しておりますので今回のアイドリングストップをキャンセルするコーディングは、キャンセルすると完全にアイドリングストップの機能停止となります。フォルクスワーゲンのゴルフVIIやパサートB8等も同じ動作になります。 毎回エンジンをかけるたびにアイドリングストップのキャンセルボタンを押していてこの機能は、必要無いと言う方は、コーディングで機能停止させても良いと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてヘッドライトウォッシャーの作動時間の変更です。ヘッドライトウォッシャーは、ヘッドライトを点灯させている時にウインドウウォッシャーを出すとヘッドライトウォッシャーも出ると言う機能ですね。 MQBプラットフォームの車両は、ウインドウウォッシャーを1秒以上稼働させると1秒後にヘッドライトウォッシャーが出てしまいます。雪の多い地域で無い限りあまり嬉しい機能では無いようです。ボンネットやバンパーを汚してしまうのでこの機能をコーディングで変更することが出来ます。 初期状態は、1秒後に作動するようになっておりますので今回は、2.5秒後に設定させて頂きました。あまり長い時間に設定すると本当に使用した場合に全然ヘッドライトウォッシャーが出ないと言うことになりかねませんのでだいたい2〜3秒ぐらいで設定することが多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 S3と言うか当店は、Sシリーズのご入庫が多いです。S8以外は、ご入庫されていますね。Sは、Aに比べてかなり高額になりますからね。いまちょっと現行のS3の値段をネットで見たら600万円超えるんですね〜 A3の倍の値段なんですね。すごい!  当店にご来店されるお客様にSシリーズが多いと言うことは、それだけ拘りを持った方が多いと言うことなんでしょうね。 実際に接客させて頂くとそう感じることがよくあります。 アウディのSシリーズのお客様に限らず当店にご来店されるお客様は、普通の方より車に対する想いが強い方が圧倒的に多いですね。 私的には、大歓迎ですのでクルマ大好きな方のクルマを触らせて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのA様、この度は、ありがとうございました。今回のコーディングメニューの他にTVキャンセルやデイライトのコーディングもご検討頂けたらと思います。またのご来店を心よりお待ちしております。