> STAFF BLOG

STAFF BLOG

rss

件数:472

 

AUDI A7のコーディングのご紹介です。 コーディングによりパーキングブレーキの解除とセットが手動で行わなくても自動で出来ると言うメニューになります。

 

 動画をご覧いただければわかると思いますがまず発進時は、ギアをドライブに入れてアクセルを踏めば自動でパーキングブレーキが解除されます。通常は、フットブレーキを踏んでいないとパーキングブレーキは、解除できません。またシートベルトを装着していないと解除できないのもクリアしております。

 

 次に駐車する際にギアセレクターをPに入れてエンジンを止めると自動でパーキングブレーキがかかります。

 

 この機能は、とても便利ですので是非ご利用下さい。 

 

 コーディング施工は、予約制になっておりますのでお電話かメールにてお問い合わせ下さい。 

また、コーディングは、車種、年式によって施工出来ないメニューもありますのでそちらもご確認下さい。

 

 

 

DSC_31011.jpg

 

 パオのプチカスタムです。 画像を見てノーマルのパオとの違いが分る人は立派なパオマニアですね。  この2枚の画像の中にノーマルと違う点がいくつあるでしょうか?

 

 答えは、6つです。厳密には、7つです。

 ・フロントウインカー ・ヘッドライトバイザー ・ボンネット(ターボダクト) ・バンパーレス ・ナンバー移設 

    ・サイドマーカー ・フロントグリル塗装

 以上のプチカスタムがされております。ここで注意ですがフロントバンパーの取り外しは、車検非対応ですし公道の走行は、出来ませんのでご注意下さい。

 ヘッドライトバイザー通称まつ毛を付けるだけでパオの印象は、随分と変わりますよ。 

 パオに関するプチカスタムは、もう少しネタがありますので後日またご紹介しますね。

 パオオーナーの方、お気軽にアクティブ岡崎に遊びに来て下さい。もちろんパオのオーナーじゃない方でもOKですしこれからパオの購入を考えている方は、購入の注意点などもアドバイス致しますよ。  パオに限らず国産車、輸入車問わずお待ちしております。

 ここだけの話、アクティブ岡崎は、マニアックなクルマがたくさんあります。車のお話しをするだけで十分楽しいショップですのでみなさんのお車も見せて下さい。

 

 

本日は、VW POLOのニードルスイープをご紹介します。

 

 ニードルスイープとは、イグニッションをオンにした時にタコメーターとスピードメーターの針がマックスまで振り切れて元に戻るというものです。上記の動画を見て頂ければすぐに理解して頂けると思います。 えっ?これだけ?と思う方もいるでしょうね。特に女性の方は、そう思うと思います。これは、男心をくすぐる男性向けのチューニングでしょうね。なかなか女性には、理解されない部分かと・・・・。

 

 このニードルスイープは、コーディングによって出来るようになるのですがコーディングとは、輸入車で行うコンピューターの書き換えをして本来は、使える機能をあえて使えなくてしてあるものを使えるようにすると言うものです。 なぜ輸入車なのかと言いますと輸入車は、まずその生産された国の道路事情、国民性を考慮してクルマを作るのですが出来上がった車は、さまざまな国に輸出されますよね。今度は、その輸出先の国の道路事情、法規制に合わせた仕様に変更しなければなりません。その際にコンピューターのデータを書き換えれば輸出先の国々の仕様に出来るようになっているのでそこを利用したのがコーディングと言うものです。 日本仕様になるとドイツ本国で使えてる機能が使えなくなってしまっているものをコーディングによって使えるようにしましょうと言う訳ですね。

 

 コーディングには、実に多くのメニューが存在します。本当にそれが必要なの?って思えるものからこのメニューは絶対に使えた方が便利だと言うものまでありますので当ホームページでもコーディングメニューを紹介しておりますのでご覧下さい。

 

 

 

 

日産パオのメーターをLED化しました。純正のパオのメーターは、とても暗くてぼんやりしてるんですよね〜 真っ暗な道を走ってるとなんか寂しい気分になってしまいます。

 

 そこでアクティブ岡崎のパオは、LEDに替えたのです。ただLEDに交換してもここまでの明るさには、なりません。

 

 実は、パオのメーターには、電球のカバーが付いていてこれが光らせた時に薄いグリーンになるような役目をしているんです。カバー自体は、水色なのですが純正の電球は、ハロゲン(電球色)ですので水色のカバーを通して光らせるとグリーンに光るというものです。 このカバーが明るさを妨害してしまうんですよ。 このカバーを外してやるとこの通り明るくなります。 

 

 なのですが・・・。このカバーを外す為には、メーターをある程度分解しなければなりません。 これが意外と気を遣うんです。パオのメーターは、アナログですのでちょっとのことで機嫌を損ねるんです。 それがパオの良いところでもあるんですけどね。

 

 パオのメーターLED化をお考えの方は、アクティブ岡崎にお問い合わせ下さい。パオのオーナーは、女性の方も多いと思いますが女性の方のお問い合わせも大歓迎ですしご来店して現車を見て頂くことも可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 本日は、スーパーカーには、おなじみ?のLEDストロボライトです。

このストロボライトは、特殊車両に使用されるプロユースの逸品です。明るさは、半端ないです。動画を見て頂ければ分かりますが撮影したのは、日中です。明るさが分かりやすいように若干下向きに装着して地面に反射させてみました。今回は、LEDのカラーがブルーですが他にレッド、オレンジのバリエーションがあります。後日他の色の動画もご紹介したいと思います。

 

 このLEDストロボライトは、厚みが薄いので取付場所の制約を受けることが少なく自然な感じで装着出来ると思います。 スーパーカーツーリングには、必須アイテムですよ! 国産車、輸入車問わず装着出来ますので目立ちたい方には、オススメです。

 

 

 

 

 本日、愛知県は、朝から大雪に見舞われ交通が乱れて通勤に3時間もかかってしまいまさかの6分遅刻・・・。社長すみません。。。

 

 さて、今日は、雪で名古屋高速全線通行止めの中、名古屋市からお越しいただきましたS様のご依頼でアウディS4にデイライトのコーディングを実施しました。大変満足していただけて私も嬉しかったです。 ありがとうございました。

 

 このS4は、ホワイトボディーにブラックのホイールでセンスがいいですね〜 とてもシブいです。 このS4に車高調を入れるとのことでまたお車を見せにご来店下さいね。

 

 次回は、レースチップ、ボディーコーティングのご依頼も是非お待ちしております。アクティブ岡崎のボディーコーティングは、

本当に好評をいただいていますので宜しくお願い致します。

 

 

 

 本日VW POLOにオートライトを装着しました。

スイッチは、純正とまったく変わらないので後付けのオートライトとは、とても思えません。 自然です!

 

オートライトは、無ければ無いで済んでしまいますが、オートライト装着車に乗っていて車を乗り替えた時にオートライト機能が付いていないととても不便に感じてしまうものです。

ポロのオーナーの方、オートライトをご検討してみては、いかがでしょうか?

 

お問い合わせお待ちしております。

 

 

本日も日産パオのネタです。

ブレーキを踏むと高速で4回ほど点滅したのちに4回ほど低速で点滅して点灯すると言うちょっと男心をくすぐるパーツを装着してみました。

(実際には、何回点滅してるか定かでは、ありませんが・・・。)

 

デモカーは、日産のパオですが、どんな車種でも装着可能です。

ただ条件があります。ブレーキランプがLEDであること。LED電球であれば装着可能です。

あとは、ハイマウントストップランプ装着車の場合は、ちょっと確認が必要ですね。

 

アクティブ岡崎では、こんなパーツも取付可能です。

お問い合わせは、ホームページのお問い合わせページからお気軽にお問い合わせ下さい。

 

パオネタが好評であれば続けて行きたいと思います。

アクティブ岡崎は、日産パオを応援します。旧車と呼ぶには、ちょっと新しいですがそれでも25年以上前のクルマです。

まだまだ行けますよね。 パオに関するお問い合わせも受け付けておりますので是非どうぞ。

 

本日、ベントレーのボディーコーティングを施工させていただきました。

  ・完全硬化型ガラスボディーコーティング G-CRYSTAL

  ・ガラス面撥水コート XGコート

  ・ホイールコーティング

 

以上のコーティングフルセットのご依頼をいただきましたM様ありがとうございます。

 

私は、ベントレーを間近で見たのが今回が初めてで感動しました。迫力ありますね〜 

フロントタイヤは、なんと275/35ZR21です。 フロントタイヤでこの太さ。しかしそれが普通に見えてしまうボディの迫力がさすがです。

入庫された時からとてもお綺麗な車でしたがアクティブ岡崎のボディーコーティングは、さらに磨きをかけてツヤツヤピカピカに仕上げております。

国産車から輸入車、スーパーカーまでメーカー車種を問わず施工致しますので是非ご利用下さい。

 

b28c3a_aa21cf2430bf408abc84655b6c1cdbc1.jpgb28c3a_99c56549fb49481ab0b5ad57dc5dfe74.jpg

このベントレーは、後日、ドライブレコーダーの取付も致しますのでM様、もうしばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

 

おはようございます。

本日は、MT車のリバースチャイムについて書きます。

リバースチャイムと言われてもピンと来ませんが・・・。バックブザーと言ってもイマイチって感じですよね。

バックブザーで連想されるのがトラックがバックする時に車外で鳴るブザーですよね。

今回ご紹介するのは、AT車がバックギアに入れると音がするものと思っていただければ良いと思います。

AT車は、当たり前に付けられているチャイムですがMT車は、最近の一部の車種で付いているものが出てきたと言う感じですよね。

 

今回アクティブ岡崎がこのリバースチャイムを付けたのは、日産のパオ。

平成初期の車ですがいまでも数多くのファンがいる車です。

その中でもMT車は、希少車と言えるのではないでしょうか?

そのMTパオにリバースチャイムを装着しました。

動画で見て頂ければどんなものかわかると思いますが音量も大き過ぎずちょうど良い感じになっていると思います。 

 

このチャイムは、MT車であればどんな車種でも取付可能ですので気になった方は、アクティブ岡崎までお問い合わせ下さい。