> STAFF BLOG

STAFF BLOG

rss

件数:472

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、フォルクスワーゲン シャラン 2016年式のコーディングです。オーナー様は、岡崎市のT様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 珍しいシャランの入庫は、初めてです。施工させて頂いたのは、人気メニューのデイライトです。パーキングブレーキ連動の設定にさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてドアミラーの自動格納です。このシャランは、キーレスリモコンのロックボタンをロック時に2秒程長押しするとミラーが格納されます。イグニッションONかエンジン始動で開きます。車体が大きいシャランには、有効なコーディングですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのT様、この度は、当店をご利用下さいまして誠にありがとうございました。今後も末永く当店を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディSQ5のコーディングとマフラー出口研磨です。オーナー様は、一宮市からお越しのN様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、TVキャンセルのコーディングです。オーナー様は、普段ラジオや音楽を聴きながら運転されるそうですが助手席に乗られる方にTV見れないのかと言われてしまったのがきっかけでコーディング出来るショップを探されて当店をお選び頂きました。 せっかくTVチューナーが付いていますのでドライブ中も見れた方が良いでよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デイライトのコーディングは、必須ですね。画像は、ありませんが今回もパーキングブレーキ連動の設定にさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アイドリングストップのメモリー化です。アイドリングストップのキャンセルボタンの状態を記憶出来ると言うコーディングです。エンジンを停止する前のボタンの状態を次にエンジンを始動しても引き継がれている便利な機能です。アイドリングストップさせたい時は、ボタンを押せばランプが消灯してアイドリングストップしますのでめちゃくちゃ便利です。 アウディの中でもアイドリングストップ機能のメモリー化が出来る車種と無効化にする車種で分かれますのでご自身のお車がどっちのタイプか分からない方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてマフラーの出口研磨です。上の画像の研磨前の状態は、オーナー様の多くは、このようになっていると思われます。ボディやガラス、ホイールは、綺麗になっていてもマフラーの出口が意外と光ってないお車を良く見かけます。一度このようになってしまうと気にしなくなってしまう方が多いんでしょうかね。 

 今回、コーディングと同時にマフラー出口の研磨もご依頼を頂きました。 研磨前と研磨後の比較は、比べるまでも無くピカピカです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナー様には、「新品に交換したみたい!」と喜んで頂けました。ステンレス製のマフラー出口は、研磨すれば新品同様の輝きが戻ります。当店の隠れた人気メニューです。(要予約です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのN様、この度は、当店をご利用下さいまして誠にありがとうございました。今後もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、ポルシェ マカンのコーディングです。オーナー様は、静岡県からお越しのY様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 TVキャンセルのコーディングです。ポルシェの各モデル2017年式以降のPCM搭載車では、TVキャンセルのコーディングが可能です。DVD視聴も出来ます。助手席の方が退屈しないようにTVキャンセルのコーディングは、いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人気のデイライトコーディングです。輸入車のオーナーになったらまずデイライトのコーディングは、したいですね。カスタムの満足度が非常に高いのがデイライトです。必要の無い時にOFFに出来ると言うのが良いですね。夜のコンビニでアイドリングしたり高速道路のパーキングで仮眠を取る時など状況によってデイライトをOFFにしたい時がありますからON/OFFの切替が出来るのがデイライトコーディングの良いところだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてドアミラー自動格納のコーディングです。ドアロックをすると自動でドアミラーが格納されるコーディングです。ポルシェの場合は、自動格納機能のON/OFFの切替が出来ますので駐車環境が変わった場合など状況に合わせて選択することが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マカンは、人気ありますね。サイズ感も良く日本の道路環境に合っているんでしょうね。ポルシェと言うブランドが心をくすぐりますしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのY様、この度は、当店をご利用頂きましてありがとうございました。マカンのコーディングは、他にもアイドリングストップのメモリー化やワンタッチウインカーの回数変更などもございます。是非ご検討頂ければと思います。 今後も当店をどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディA6アバントのコーディングです。オーナー様は、岡崎市のK様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、オーナーになったら真っ先にやりたいTVキャンセルです。これで助手席や後席の人が退屈しなくて済みますね。TVキャンセルのコーディング施工時間は、5分程度ですので是非ご検討下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人気のデイライトです。MMIにON/OFFの切替が出来るメニューが追加されますのでお好みでお使い頂けます。今回は、通常のデイライトをご指定頂きましたがパーキングブレーキに連動させてパーキングブレーキが解除されるとデイライトがONになる設定も可能です。それとデイライトの光量も変更可能です。通常は、100%の輝度で点灯しますが80%に輝度を落とすことも可能です。輝度は、任意で指定することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてアイドリングストップキャンセルボタンのメモリー化です。ラストメモリーと言うやつですね。エンジンを停止する前のアイドリングストップキャンセルボタンの状態を記憶するので次にエンジンを始動した時もエンジンを停止する前の状態がキープ出来ます。普段アイドリングストップ機能を使用しない方は、このコーディングは、とても実用的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、ニードルスイープです。自己満足の感じが強いですがオーナーになるとこれが嬉しいんですよね。他のコーディングのついでにいかがでしょうか?いままで動かなかったものが動くのは、嬉しいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのK様、この度は、当店をご利用下さいまして誠にありがとうございました。今後もどうぞ当店を宜しくお願い致します。次回は、レーダー探知機とドライブレコーダーの取付ですかね。 是非ご検討下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディA3のデイライトコーディングです。オーナー様は、長野県からお越しのS様です。最近東海3県以外からお越しのお客様が多いです。当店をお選び頂き大変光栄です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回のデイライトコーディングは、オーソドックスなデイライト点灯です。MMIでデイライトのON/OFFが切替出来ます。A3/S3の場合は、オートライト連動にしたりパーキングブレーキ連動にすることも可能です。ご自身のお好みで使い易いセッティングをお申し付け頂ければそのように設定させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのS様、この度は、遠方からご来店頂きまして誠にありがとうございました。A3の場合、他にもたくさんコーディングメニューがございますのでご利用頂ければと思います。今後もどうぞ当店を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、アウディA6アバントのコーディングです。オーナー様は、大阪府からお越しのK様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このデイライトは、当店にご来店される前に他店様でコーディングされたそうです。この他にもTVキャンセルも施工されておりました。

 

 当店にご来店頂いたのは、ドアを開けた際にパーキングブレーキが掛かってしまうのを解除して欲しいとのご依頼を頂きました。画像は、ありませんがバックで駐車する際などにドアを開けて後方を確認した場合にエンジンが止まってしまうのがご不便なようで今回コーディングさせて頂きました。 これでスムーズなバック駐車が可能になると思います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてニードルスイープのコーディングも施工させて頂きました。一瞬で終わってしまうはかなさは、ありますがオーナー様のテンションが上がる演出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのK様、この度は、遠くまでお越し頂きまして誠にありがとうございました。今後も当店をどうそ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、急発進防止装置です。ペダルの踏み間違いによる痛ましい事故が多発しております。そんなペダルの踏み間違いによる急発進を防止する装置をアクティブ岡崎で販売、取付をしております。

 

 

 

 

 

 

 

 上の図は、急発進防止装置のイメージ図です。簡単に言ってしまえば停止状態もしくは、時速10キロ未満の前進か後退時に急激にアクセルペダルが踏み込まれた場合に急発進しないようにアクセルを制御すると言う装置です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  動画で作動状況をご確認下さい。アクセルを急激に全開にしてもクルマは、ゆっくりとしか進みません。同時にブザー音でお知らせします。

 

 

 動画を見て頂くと分かりますがアクセルは、急激に踏み込まれないと作動しません。普段の運転には、影響ありません。前進にも後退にも対応しておりますので駐車場での踏み間違いによる大事故は、かなりの確率で防ぐことが出来ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして上の画像のようにアクセルペダルとブレーキペダルが踏まれた場合は、ブレーキ動作が優先されますのでブザー音とともにアクセルの動作は、制御されます。 上の画像のような踏み方なんてしないよと思われるかも知れませんが靴のサイズが大きな男性の場合や靴幅の広いブーツなどを履いているとアクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏めてしまうこともあり得ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この画像もあり得ない踏み方ですが人間パニックになると冷静な時には、考えられないような行動をしてしまいます。こんな状況でもブレーキ動作が優先されますので大事故は、免れると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「急発進防止装置」は、当店のデモカー(C-HR)に装着されておりますので実際に試して頂けます。高齢のご両親のお車に装着されたり免許を取りたてのお子様のお車に装着されるのも良いと思います。 まだ運転には、自信があるけどと言うご自身の万一の為に装着されるのも良いと思います。 実際にデモカーでどんな動作をするかを体験して頂くとこの装置の良さが分かると思います。 私は、自分の両親のクルマにこの装置を付けたいと思いました。近いうちに付けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「急発進防止装置」は、40000円(税別)〜 取付工賃込み となっております。国産車のほとんどの車種に取付することが出来ます。ただしワイヤー式のアクセル車両には、取付出来ません。 取付作業は、完全予約制になっておりますのでお電話かメールにてご予約下さい。 ご質問やお問い合わせは、車種と年式、車検証の車両型式、原動機の型式をお伝え下さい。

 

 人気商品の為、製品の入荷にお時間を頂く場合がございます。ゆとりを持ってご依頼して頂きますようお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、フォルクスワーゲン ポロのフォグランプとナンバー灯交換です。オーナー様は、岐阜県からお越しのT様です。T様は、以前当店でヘッドライトのロービームとハイビーム、ルームランプをアルティマLEDに交換させて頂いております。今回リピートでフォグランプとナンバー灯をアルティマLEDに交換のご依頼を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フォグランプのバルブ形状は、H8になります。アルティマLEDの場合は、H11と互換性があります。品名は、ULSシリーズH8/H11になります。品名をクリックするとWEB STOREへジャンプします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明るさは、ご覧の通りです。ヘッドライトにも使用するバルブですので暗い訳がありませんね。T様のお車は、ロービームもハイビームも今回のフォグランプと同じアルティマLEDですので色目も同じなので同時に点灯しても自然です。純正と比べれば驚く程明るいです。特にポロの純正ライト(ハロゲン仕様車)は、暗いと言われておりますのでアルティマLEDに交換すると思わず笑ってしまうほどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回のお車の型式は、ABA-6RCGGとなります。フォグランプに関しては、アルティマLEDのULSシリーズH8/H11をご使用頂ければDBA-6RCBZ、DBA-6RCJZにも適合します。 

 

 ヘッドライトは、アルティマLEDのULSシリーズH7の6RCGG、6RCBZ専用をご使用下さい。6RCJZは、専用品がございますのでそちらをご使用下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてナンバー灯です。ナンバー灯は、T10バルブを2個使用しております。アルティマLEDのULS03-T10Gと言う品番になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 純正のハロゲンバルブと同サイズですので取付場所を選びません。小型サイズでも爆光です。実測値で2.2ワットですので明るさも間違いないです。良くあるパッケージの表記は、5ワットなんて書いてあるものも実際に測定してみると0.8ワットしかないと言う粗悪な商品を良く見かけますが当店のアルティマLEDは、すべて実測値を表記しておりますので安心してお使い頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 周囲が明るくてもこの光量が出ています。夜間になればその明るさが実感できると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのT様、今回も当店をご利用下さいまして誠にありがとうございました。今後も末永く当店を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、テスラモデルXのレーダー探知機取付とドライブレコーダー(フロント、リア)の取付です。オーナー様は、先日ボディコーティングでご紹介させていただいた名古屋市のM様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レーダー探知機は、ユピテルのZ100Lと言う最新モデルです。配線もほとどん見えないほどスマートに取付することが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 運転席から見るとこんな感じです。オーナー様は、当初フロントガラスに吊り下げる取付をご希望されていたのですがモデルXの場合、フロントガラスがルーフまであるので吊り下げにすると配線が不自然に見えてしまうので違和感があるのでは?とアドバイスさせて頂き最終的にこの位置になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フロントのドライブレコーダーです。ユピテルのSN-SV70dと言うモデルです。夜間でもバッチリ撮れて画角も広い高性能ドラレコです。 

 

 レーダー探知機同様にフロントのドラレコもオーナー様は、当初は、違う位置がご希望だったのですがワイパーの拭き取り範囲や撮影範囲などのいろんな事情でこの位置の取付になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナー様が心配されていたのは、ドラレコの配線のことでした。モデルXは、フロントガラスが大きくルームミラーと車両のフロントカメラがある所までの細いモールにドラレコの配線を這わせて取付けなければなりません。それは、ちょっとカッコ悪いなぁ〜と言っておられました。私もその通りだと思っていたのでどこか良い場所があればと思い実際にドラレコに電源を入れてスマホの画面で映像を見ながらいろんな場所を探したのですがどこもNGでやはりここしか無いと言う結論に達し最大の問題である配線の処理に悩まされました。 ですがいざ取付が終わってみるとかなりいい感じで出来たと思います。と自画自賛してしまいました。オーナー様に見てもらったら「完璧です」と一番ありがたいお言葉を頂くことが出来ました。このお言葉は、何よりも嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モデルXのサンバイザーは、特殊です。ですがドラレコの配線に干渉しないで普通にサンバイザーも使って頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リアのドライブレコーダーです。ユピテルのDRY-SV8100dと言う機種を取付致しました。モデルXの場合、ネットなどで調べてみるとフロントのドラレコで360°撮影出来るタイプの機種を取付けしている方が多かったのですがモデルXは、車体も大きいのでフロントから後方を撮影しようとしてもどうしても無理があるように思えて仕方ありませんでした。取付作業のことを考えればフロントに取付ければ終了ですから楽なのですが実際に煽り運転や追突事故の映像を証拠として撮影するには、やはりリアに取付けないと意味が無いのでは無いかと言うことになりフロントとリアを別々で取付致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのM様、この度は、ボディコーティング、ホイールコーティング、ガラス面撥水コーティング、レーダー探知機取付、ドライブレコーダー(フロント、リア)取付のご依頼ありがとうございました。今後も当店を末永く宜しくお願い致します。

 

 今回テスラ モデルXを触るのが初めてだったので勉強になりました。これで今後モデルXのご依頼があっても大丈夫です。モデルXのオーナー様のご依頼をお待ちしております。モデルSは、すでに経験がございますのでモデルSのオーナー様も是非ご検討下さいませ。 モデル3の納車待ちのオーナー様もレーダー探知機、ドライブレコーダーの取付は、アクティブ岡崎にお任せ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日ご紹介するのは、BMW 523i のデイライトコーディングです。オーナー様は、なんと愛媛県からお越しのM様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 BMWのデイライトは、明るくて目立ちますので人気がありますね。カスタムしてるのが一目で分かりますからライバル車とすれ違う時は、ちょっとした優越感に浸れるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーナーのM様、この度は、遠方より当店へご来店頂きまして誠にありがとうございました。今後もどうぞ当店を宜しくお願い致します。